ふうた。の仲間は・・

ふうた。のなかみ

ふうた。

Author:ふうた。

ふうた。の種類

☆ふうた。へのコメント☆

ふうた。の記憶

ほん怖影響?


あの殺人的な暑さが嘘みたいに涼しく過ごしやすい。
むしろ、少し寒い(笑)

朝、ボーッとしてたら、
母が「念珠、太陽の光に当てて、浄化させたから!もうしまっても大丈夫よ!」と言われ、私は「あ、うん、ありがとう??」としか言えなかったのですが。

よく考えたら、昨日、「本当にあった怖い話」で、数珠の話があったから、それで、浄化とかいってるのかなと。

邪気を祓ってから、あるべきところに納めればより良いと思うので、母に感謝です(*´-`)

今日も、コツコツLINEポイント貯めるために、セブンイレブンのLINEポイントキャンペーンに参加します(笑)
今日は、生茶です。

では、では(^-^)/
関連記事
スポンサーサイト

「町中でなくならないあのお店」の仕組みとは?

■「ふとん屋さん」はなぜつぶれない?
1つ目は「お葬式や結婚式、学校の合宿の時に利用する布団(ふとん)の貸し出し」。30組を配達込みで行って3150円/組で利益率は9割。年間では100万以上になる。
2つ目は「布団の打ち直し」。敷布団で7000円位~。年間100枚の場合100万円位になる。
3つ目は「電話での布団の販売」。布団や年賀用のタオルの注文もあり12月になると非常に忙しい。
これら合わせて年間2000万程度の売り上げとなる。

■なんで「和菓子屋さん」はつぶれないの?
1つ目の理由は、製品に対する「原価率」が洋菓子に比べて低いこと。和菓子は洋菓子と比べて一般的に少ない機材で作れるため「設備費」を抑えられます。また「材料」に関しても果物や牛乳や生クリームをあまり使いわないため、製品の賞味期限が長く「製品交換のサイクル」がより緩やかです。より緩やかであるため、より少ない人員でお店を経営できます。
2つ目は、賞味期限が長いため「贈り物」に向いています。通信販売で全国に発送したり老人ホームや斎場、学校などと契約して定期的に製品を納品しており、これらの収入が多くの部分を占めているため潰れにくいというわけです。

■「金物屋さん」が潰れない理由
1つは目は「合鍵作りやドアノブなどの出張修理」。
2つ目は「学校への納品」。清掃用品などを1店舗で30校に納品しているケースもある。
3つ目は「職人さんが朝買っていく」。朝の早い時間に職人さんが寄って買っている。

■「タバコ屋さん」がツブれない仕組み
1つは目は「ライバルがいない」。タバコ屋は一定のエリア内に1軒と決められており、コンビニエンスストアでも勝手に置くことはできない。
2つ目は「タバコの自動販売機を雀荘や飲食店に置いている」。店には3台だが雀荘やレストランなどに60台置いてあり、1番売れている販売機は1週間で12万円のお金になるなんてことも。
1年で億を超える売り上げがあり利益は1割。

■「八百屋さん」はなぜつぶれない?
店頭販売に見切りをつけて、他の収入源を作っている。
1つ目は「近くの飲食店への卸し」。2つ目は「病院や近くの食堂への卸し」。3つ目が「近くの動物園や水族館への卸し」。法人向けのセールスルートを作ることで店頭で売れなくても儲かっている。


関連記事

チャレンジ


今、LINEポイントの期間限定で、セブンイレブンで対象商品買うと、ポイントプレゼントらしいです。

購入文句につられて、買いましたよね(笑)
では、さっそく、コード入力せねば??
関連記事

 ホーム  »  次のページ